エイサー、「ビジネスPCキャンペーン2011」

2011-08-25


日本エイサーは8月24日、中小企業を対象とした特価販売キャンペーン「ビジネスPCキャンペーン2011」を発表した。実施期間は2011年8月24日から9月27日まで。


 キャンペーン販売製品は、タブレットPC「ICONIATAB-B080」、ノートPC「TM5335-B080」、デスクトップPC+17型液晶のセットモデル「VTX490-B080-S」の計3製品。いずれも台数限定の提供で、限定台数は各1000台/2000台/500台となっている。価格はそれぞれ4万9800円/3万2800円/4万4800円だ(いずれも税込み)。


タブレット PCの中で、Android OS のとWindows OS とAndroid と Windowsデュアルシステム のタブレット PCがあります.Android と WindowsデュアルシステムOS のタブレット PCと言うと、windows7 andriod 2.2デュアルシステムのアイテムは10インチのH10 Windows 7+Android 2.2 二重システムの機種です.CPU はIntel Pineview N455 1.66GHz,Integrated HD Graphics 3150 で 1G/16Gのメモリと静電式マルチタッチスクリーン.チップセット はインテルタイガーポイントNM10 である.

スクリーン 10インチLED BLパネル、1024×600、マルチタッチ(静電容量)画面

RAM: DDR3 シングルチャネル、up to 2GB

ハードディスク: 8G/16G/32G,SSD HDD,MLC type

無線LAN 802.11BGNサポート

3G サポート WCDMA,EVDO,TD-SCDMA オプション

拡張 :MicroSD(TF)カードサポート

I/O :1×オーディオ出力、2×USB2.0、1×DC-In ポート、1×ミニVGA

オーディオコーデック&スピーカ :INTEL HD オーディオ、2 スピーカ

カメラ: 0.3M/1.3M

バッテリ& ACアダプター: リチウムポリマー、10.8V/3200mAh、AC110-240V、40W

サイズ 243mm×190mm×14.5mm

重量 850g





クラウドサービスの潮流を事業化する韓国通信企業近くて遠い国」と呼ばれていた時代に比べ、ぐっと身近になった韓国。特にここ数年は韓流ドラマやK-POP人気の影響もあり、韓国と接する機会が多くなっている。実際日本から韓国への渡航者は、1980年の50万人程度から、2010年には300万人を超えるまで増加している。しかしながら、韓国の通信企業の話となると、詳しい人はごく一部に限られるだろう。


 韓国の通信業界は、現在3大通信企業グループに集約されている。固定通信、ブロードバンドで圧倒的なシェアを持つKT、携帯電話市場で50%以上のシェアを持つSKテレコム、2010年にグループ内の通信会社3社が合併して誕生したLGユープラスの3社である。


 3社とも、源流は1981年に設立された韓国電気通信公社(KTA)にある。KTAから固定通信、ブロードバンドを引き継いだのがKTであり、携帯電話を引き継いだのがSKテレコムである。KTAとの合弁として設立したデータ通信会社を中心に、携帯電話の規制緩和時に参入した携帯電話会社、韓国電力から買収したブロードバンド会社が合併したのがLGユープラスである。


 このように見てみると、電電公社から始まり、現在の3大グループ体制に集約されていった日本の通信業界と似ている部分が多い。第2世代携帯電話において世界の主流となる通信方式(GSM)を選ばなかったために、海外端末メーカーの参入や国際ローミングサービスが進まず、国内向けの携帯電話端末が独自の進化を遂げ、ガラパゴス化した点も共通している。また、日韓とも、固定電話の回線数はすでに減少傾向にあり、携帯電話の契約数が飽和状態に達している点も似通っている。


 

发表留言

秘密留言

自我介绍

ganpei1234

Author:ganpei1234
欢迎来到FC2博客!

最新文章
最新留言
最新引用
月份存档
类别
搜索栏
RSS链接
链接
加为博客好友

和此人成为博客好友