上海問屋、7999円のB5ペンタブレット発表

2011-08-31



エバーグリーンは8月30日、USB接続対応ペン  タブレットpc「DN-HA60」の取り扱いを発表、同社直販「上海問屋」で販売を開始した。価格は7999円(税込み)。


 DN-HA60は、USB 2.0接続に対応するペンタブレット。B5サイズ相当となる254×158.75ミリの入力エリアを装備、筆圧レベルは1024レベルの感知が可能だ。上側にはファンクションキー×16を、左側にはホットキー×8を装備しており、任意の機能割り当てを行うこともできる。


ペン側は単四形乾電池1本で動作。本体サイズは360(幅)×260(奥行き)×9(高さ)ミリ、重量は約711グラム。
タブレット端末は、ノート PC に取って代わりつつある


資銀行 Morgan Stanley によれば、  アンドロイド3.0の広がりによってタブレット端末浸透のスピードは、他のどのモバイルデバイスよりも早い。企業による導入は予想されるよりも早く、広範囲な業界にわたるものとなりつつある。


同行が2011年年初に調査したところにれば、調査対象となった企業の最高情報責任者(CIO) 50人のうち、3分の2がタブレット端末の年内導入を検討しているという。


これには、いくつかの理由があげられる。タブレット端末は、携帯性が抜群で、ネットワーク接続も簡単、しかも数千ものアプリを簡単にダウンロードして利用できる。会議中に使用する場合はノート PC ほど邪魔にならず、Web サイトの閲覧やメールのやりとりに使う場合は、スマートフォンより画面が大きく読みやすい。


小売り業の現場では、店員がタブレット端末を使ってカタログを顧客に見せたり、出先から発注処理をしたりという使い方を始めている。カードリーダーと組みわせれば、タブレットを POS 端末としても使える。また、タブレット端末は、ノート PC より本体を清潔に保つことが容易なため、たとえば、医師がタブレット端末を病棟で持ち歩いたり、外科手術の現場など滅菌が必要な場所に持ち込むことも可能だ。


しかし、企業にタブレット端末を導入するには十分な準備が必要だ。成功のカギは、3つある。


1. アプリケーション


タブレット端末を最大限に活かすには、従業員全員がその企業の業務に最も適したビジネスアプリケーションを使用できなければいけない。アプリケーションは、社員が理解し易く、利用し易く、生産性を高めてくれるもので、その開発費用は回収可能な範囲に収まらなければならない。


実現する技術はいくつかある。HTML 5、SaaS、クラウド、仮想デスクトップやリモートデスクトップの使用などだ。また、アプリケーションの開発手法も重要な検討事項となる。社内で開発するのか、外注か、それとも既成のアプリケーションをカスタマイズするのか。どれを採用するかは、コスト、開発までの時間、企業への適性や実用性を総合的に評価して判断する必要がある。


2. セキュリティ


タブレット端末を企業で使用するには、一般ユーザーの使用よりも高度なセキュリティが要求される。特に、タブレットから端末から VPN を使用して企業ネットワークにリモートログインする場合や、クラウド上のアプリケーションを使用する場合には、高度なセキュリティ設定が必須となる。リモートからタブレット端末内のデータを消去する機能も極めて重要で、盗難されたデバイスからの機密漏えいを防止できる。


タブレット端末には、通常 USB ポートや DVD ドライブは付属していない。このため、それらが標準的に搭載されているノート PC よりも、セキュリティ管理は容易になる。ただし、タブレット端末は持ち運びが簡単で、見ためが魅力的なので、盗難や紛失にはより注意が必要となる。


3: タブレット端末とデータの管理


タブレット端末の管理については、IT 部門は明確な方針を打ち出し、社員に徹底させなければならない。社員が会社から支給されたタブレット端末に対し、業務とは直接関係の無いアプリのインストールを許可するかどうかは特に重要で、事前の検討が必要となる。


社員が個人で所有しているタブレット端末を業務で使用する場合には、さらに事態は複雑となる。IT 部門は、多様なタブレット端末のハードウェアと OS を管理しなければならない。


また、タブレット端末を採用すると、デバイス間でのデータ同期管理も複雑化する。社員の多くは、すでにノート PC と携帯電話のデータ同期には慣れているだろう。だが、タブレット端末という第3のデバイスが登場すると、従来のデータ同期では時間がかかるし、何より面倒だ。これは、クラウドベースソリューションを加速させるきっかけとなるかもしれない。


タブレット端末の企業への導入はまだ始まったばかりで、今後どのような発展を遂げていくのかはわからない。だが、おそらくここにはビジネスチャンスがあり、様々な企業が参入してくる。


その競争は熾烈なものとなるが、勝者は、タブレット端末を有効活用し、企業のコスト削減や、パフォーマンスの向上、顧客満足度向上を実現できた企業となるだろう。


 

发表留言

秘密留言

自我介绍

ganpei1234

Author:ganpei1234
欢迎来到FC2博客!

最新文章
最新留言
最新引用
月份存档
类别
搜索栏
RSS链接
链接
加为博客好友

和此人成为博客好友