ソニーAndroid搭載タブレット端末 9月に発売 予定

2011-09-08


ソニーは2011年9月17日から順次、タブレットデバイス「Sony Tablet(ソニータブレット)」2機種(Sシリーズ、Pシリーズ)を発売する。


9.4型大型ディスプレイを採用

豊富なアプリケーションを通じて、映画、音楽、ゲーム、書籍、SNSなどさまざまなエンタテインメントを楽しめるというもので、「Sシリーズ」は、プラットフォームにAndroid 3.1またはAndroid 3.2、CPUにはNVIDIA Tegra2 モバイルプロセッサを搭載。Wi-Fi通信機能を搭載したモデルか、3GおよびWi-Fi通信機能を搭載したモデルの2つがある。また、9.4型大型ディスプレイを採用しており、大画面上でwebブラウジング、各種ネットワークサービス、アプリケーションなどを快適に操作できる。重さは約598グラム。


外出時にも便利な3Gにも対応


「Pシリーズ」は、最新のAndroid 3.2およびNVIDIA Tegra2 モバイルプロセッサを搭載。通信機能はWi-Fiにくわえて、外出時にも便利な3Gにも対応。5.5型ディスプレイをデュアルで搭載しており、折りたたむと約180mm×26mm×79mmと持ち出しやすいサイズだ。重さは約372グラム。


「Sシリーズ」のWi-Fi16GBモデルとWi-Fi32GBモデルが9月17日発売。「Sシリーズ」の3G+Wi-Fi16GBモデル、「Pシリーズ」の3G+Wi-Fiモデルが10ー11月の発売を予定している。


カスペルスキーは9月6日、個人向けセキュリティソフトの最新版「カスペルスキー2012マルチプラットフォームセキュリティ」など3製品を発表した。既存ユーザー向けの更新ライセンスを同日から、パッケージ版を9日からそれぞれ発売する。


カスペルスキー2012マルチプラットフォームセキュリティは、1パッケージでWindows、Mac、Androidの端末を自由に組み合わせて利用できるのが特徴。有効期限は最初にインストールした日から1年もしくは2年となり、例えば最初にWindows PCにインストールして3カ月後に  アンドロイド タブレットにインストールすると、Androidのスマートフォンの有効期限は9カ月もしくは1年9カ月となる。同製品では「1年1台ツインパック版」も提供。この場合、2台の端末の有効期限はそれぞれ1年となる。


 同製品以外に発売するのは、「カスペルスキーアンチウイルス2012」(Windows版およびMac版)と、Android向けの「カスペルスキーモバイルセキュリティ9」。カスペルスキーモバイルセキュリティ9は、Android 1.6~2.3で利用でき、同3.xでは別途、タブレット版を提供するという。


 機能面では、同社のデータベースにある脅威の評価(レピュテーション)情報を随時参照しながら検出を行うクラウド型検出機能を強化した。新たに振る舞い検出のシグネチャやスパム検出のシグネチャを参照するようにしている。従来の振る舞い検出のシグネチャは、一定期間ごとにアップデートされる仕組みだった。しかし、出現頻度の高い偽セキュリティソフトなどの検出が難しい場合があり、クラウド型の仕組みを取り入れることで、対応時間の短縮を図った。なお、ローカル上には精度の高いバージョンのシグネチャを配備しており、オフライン環境での検出にも対応できるとしている。


 製品価格は、カスペルスキー2012マルチプラットフォームセキュリティの1年3台版および同1年1台ツインパック版が7140円、カスペルスキーアンチウイルス2012のWindows版が4095円、同Mac版が6090円、カスペルスキーモバイルセキュリティ9が2625円となっている。


 製品発表で来日したKaspersky Labのユージン?カスペルスキーCEOは、「個人向けセキュリティソフト市場でのシェアを世界3位に高めることができ、日本でもマルチプラットフォーム対応でシェアを高めたい」と述べた。また、カスペルスキーの加賀山進社長は、ジャストシステムから同社にユーザーサポート業務が移管されたことに触れ、「販売からサポートまでを当社が手掛けることで、将来に渡って日本のユーザーを全面的に支援していく」と表明した。

发表留言

秘密留言

自我介绍

ganpei1234

Author:ganpei1234
欢迎来到FC2博客!

最新文章
最新留言
最新引用
月份存档
类别
搜索栏
RSS链接
链接
加为博客好友

和此人成为博客好友