アンドロイド搭載のタブレット端末、激しい競演中

2011-08-03


アップルの「iPad」の登場でにわかに脚光を浴びたタブレット型の多機能携帯端末。タッチパネルによる直感的な操作性と、携帯電話より大きな画面を生かした電子書籍などの新機能が魅力だ。独走するiPadを追撃する最右翼として注目されているのが米グーグルのOS(基本ソフト)「Android(アンドロイド)」を搭載した端末。5日に幕張メッセ(千葉市)で開幕した電機やIT(情報技術)の国際見本市「CEATEC(シーテック)ジャパン2010」ではアンドロイドを採用した日韓メーカーのタブレット端末が競演した。


アンドロイド搭載のタブレット端末と言うと、Android タブレットPCを言わなければならないである.Android タブレットPCと言うと、windows7 andriod 2.2タブレットは言い逃せないである.


片手で持てるギャラクシータブ


「スーツの内ポケットにもぎりぎりで入ります」。NTTドコモのブースで大きな人だかりをつくったのが同日朝、発表されたばかりの「GALAXY Tab(ギャラクシー?タブ)」(韓国サムスン電子製)。7インチのフルタッチパネル液晶を搭載し、厚さは約12.1ミリメートル、重さは382グラム。iPadに搭載された機能をほぼ網羅したうえで「片手でも操作しやすい」というのが売り文句だ。


 アンドロイドの最新バージョン「2.2」を採用し、2本の指を広げて画面を拡大するマルチタッチや画面に表示したソフトウエアキーボードによる文字入力など、iPadでなじみになった機能を装備する。CPU(中央演算処理装置)は駆動周波数1GHzで、タッチパネルやブラウザーを使ったサイト閲覧の反応速度もiPadと遜色(そんしょく)ない。


iPadとの一番の違いは通話機能。スピーカーホンで画面に向かって話す形で通話できるほか、ブルートゥースに対応するイヤホンやマイクによる通話も可能だ。最長14時間の連続通話が可能。「地図をお互いに見ながら話をする、といった使い方もできる」(NTTドコモ)という。


 画面の解像度は1024×600ドットとパソコン並みで、フルハイビジョン動画の再生にも対応する。iPadはフラッシュ技術に対応していないが、ギャラクシー?タブは「フラッシュ?プレーヤー10.1」を搭載する。試しにNTTドコモのサイトに接続してみると、iPadでは表示されないフラッシュの部分も再生できた。メールを閲覧する際に画面を横長の状態にすると自動的に画面を分割し、左側にメールの一覧、右側に選択したメールの本文を表示するなど、細かな使い勝手も高めている。


ガラパゴスは電子書籍機能を前面に


アンドロイドをベースにした端末は、各社が独自のソフトを加えることで機能や使い勝手が変わってくる。電子書籍端末としての機能を前面に打ち出したのがシャープだ。同社のブースには12月に発売する「GALAPAGOS(ガラパゴス)」を計70台以上並べ、来場者が使い勝手を試せるようにした。


 購入した本を選ぶ際は画面に回転式の本棚が現れ、指でなぞって回転させて本を探す。シャープが開発した電子書籍規格「XDMF」は、読みやすいように写真はそのままのサイズで文字だけを拡大するなどきめ細かい表現が可能。「実際に電子書籍を読む場面を想定して端末を開発した」とシステムソリューション事業推進本部の大橋正尚氏は話す。


端末の外観も「書籍」にこだわった。画面が小さい5.5型の端末は文庫本のサイズをそのまま表示して使い手の違和感を減らそうとの考えに基づいたものだ。端末の前面下端にあるトラックボールは、片手で文庫本を持って親指でページをめくるのと同じような感覚で操作できる。


 ガラパゴスはiPadと同様、無線LAN通信によりインターネットなどに接続する。ブラウザーでウェブの閲覧などもできるが、表示にはやや時間がかかった。搭載するCPUなど端末の詳細はまだ明らかにしていないが、新聞や雑誌の最新データを決まった時間に自動配信する定期購読サービスなどと組み合わせ、処理性能や通信環境にとらわれない利便性を実現しようとしている。
東芝は10.1型「国内発売は未定」

東芝の端末は画面を横向きにすると書籍を見開いたように表示できる

  東芝もアンドロイド2.2を搭載する10.1型液晶の  タブレットpc
を参考展示した。10月から欧州などで販売が始まる端末をベースに「マガストア」など既存の電子書籍サービスに対応したソフトを導入した。指でなぞってアイコンをスクロールさせる画面下部のユーザーインターフェースが特徴だ。重さは760グラム。USBやHDMIなど外部端末との接続機能を充実させている。

東芝の端末は画面下部を指でなぞるとアイコンが横にスクロールする

  マルチタッチ機能やカメラも搭載する汎用性の高い端末だが、国内での発売時期は未定。日本で発売する際は「特定の機能で使いやすさを高めた端末にする可能性がある」(デジタルプロダクツ開発センターソフトウェア設計第3部の有賀英雄部長)という。例えば、プレゼンテーションやクラウドコンピューティングでデータを共有するといった機能を強化し、法人向けに販売することも想定しているようだ。

iPadが開拓した市場の競争は世界的な規模で起きている。「ブラックベリー」で知られるカナダのリサーチ?イン?モーション(RIM)が9月にタッチパネル式の新端末を発表したほか、インテルやノキアが主導するOSもある。台湾や中国企業の参入も相次いでいる。


今回のCEATECでは、タブレット端末の出展は数社にとどまった。あるメーカーの担当者は、「同じOSを使うアンドロイド端末は他社と違いを出すのが難しい。独自機能は生命線で、開発中の製品を出展して他社にヒントを与えたくない」と語る。水面下で開発が進み発売をにらんでいる製品もまだ多そうだ.

发表留言

秘密留言

自我介绍

ganpei1234

Author:ganpei1234
欢迎来到FC2博客!

最新文章
最新留言
最新引用
月份存档
类别
搜索栏
RSS链接
链接
加为博客好友

和此人成为博客好友